失敗しないための福井で建売住宅を購入する際のポイント

マイホームの購入を検討する場合、一軒家とするかマンションにするかは大きな課題ですが、巨大な都市部を除けば、一軒家を選びたいという人が大半です。しかしながら、最近、物価の高騰とともに一軒家の価格も上昇気味ですから、マイホームにかかる予算を考えた場合、マンションを選択せざるを得ないのが実情です。そこで、注目されているのが分譲住宅です。
福井市は「不死鳥のまち」として知られ、自然と街の調和がとれた地域ですが、こちらでも一軒家を希望する人が多く、近郊では宅地造成も進んでいます。マンションとの価格差が気になるところですが、注文住宅だと差は出てきますが、分譲地の建売住宅になるとマンションとほとんど変わりません。そのため、マンションよりも一戸建ての需要が高いのが特徴的です。

後悔しないためのマイホームにかかる予算の考え方

マイホームの購入を検討するにあたり、最初に決めなければならないのが予算です。基本的には、共働きであっても、主人の月収の2割から3割程度を予算とするのが一般的です。その金額を基に、定年までの期間や頭金を加味して、大まかな予算を割り出します。そこから、住宅ローンの利息や将来的な修繕費、メンテナンス料を差し引いたものが、購入可能な住宅の価格になるのです。
価格面での建売住宅のメリットは、福井では注文住宅と比較すると2割程度は割安となる場合が大半ですから、購入年齢を早めることができたり、グレードの高い住宅が購入可能となることです。
マイホームの購入となると、少しでも良い物件を購入することが快適な生活の近道だと考えている人も少なくありませんが、そのために月々の生活費を圧迫するようでは本末転倒になってしまうのです。

快適な生活を得るための間取りの考え方

間取りについてもマイホームの購入を検討する上で、非常に大きな課題です。一軒家の場合、少しでも多くの部屋を持ちたいと考える人も少なくありませんが、実際には掃除やメンテナンスに手間がかかってしまうので、家族の人数に合った部屋数が最適であり、空き部屋を作らないのが理想です。
ただし、ここで考えなくてはならないのが、子供の独立や両親との同居の問題です。マイホームを購入した時と数年後で家族構成が大きく変わるのであれば、それを見越して間取りを検討しておく必要があります。
建売住宅は注文住宅とは異なり、細かく間取りを定めることはできませんが、プロの設計士が快適な住宅となるよう設計していますから、全く問題はありません。ただ、購入価格にだけ着目して、家族の人数と合わない間取りの住宅を購入することは控えるべきです、予算と間取りのバランスがとれてこそ、快適な住宅となるのです。