住みやすさ上位にランクされる福井で建売を購入する理由

北陸三県の一つである福井は住みやすい県の上位にランクされているエリアです。住宅の広さや人口に対する病院数の多さ、生活の利便性の高さなどが評価されており駅周辺から郊外まで住宅地が広がっています。福井で家を購入する方は土地と建物を同時に購入できる建売住宅を選んでいます。建売住宅は不動産会社や建築会社が持つ土地に家を建築して販売している建物です。土地と家の価格ワンセットにして販売しているので初めて家を購入する方にもわかりやすくなっています。建売は2000~3000万円台が最も多く購入しやすい価格帯となっており、市内から離れるとさらにお手頃な価格になります。住宅ローンを組んでも毎月の支払が賃貸の家賃と変わらないことから若い世代のファミリー層が購入しています。

新築を購入するときに必要なお金と優遇制度

家を購入しようと決めたら資金計画について家族と相談します。家を購入する方は住宅ローンを利用する方が殆どですから、毎月支払う限度額について考えておきます。また、頭金や仲介手数料、上下水道負担金などを不動産会社や建築会社に支払う場合は現金が必要になります。頭金0円という物件もあり手持ち資金がなくても購入することは可能です。ただし、住宅ローンに組み込んで支払うことになりますのでこの点は注意が必要です。新築の家を購入すると出費ばかりのように思えますが税制上の優遇制度を利用できますので家計の負担を減らすことができます。税制上の優遇制度とは登録免許税、固定資産税などのことで、新築住宅の場合は減税された金額で支払うことができます。減税で浮いたお金で家具や家電などを購入したり貯蓄に回すことも可能です。

家を購入するときの流れについて

資金計画を立てたら不動産会社や建築会社のHPやチラシ、広告などから物件の情報収集を始めます。気になる物件を見つけたら連絡して現地の建物を見学にいきます。既に建築済みなので室内の設備や間取りなどを内覧します。この他に建物の外観や日当たり、隣家との距離もチェックしておきます駅やバス停、学校、スーパーの場所などの位置なども忘れずに確認しておきます。気に入ったら販売業者と売買契約を締結します。契約と前後して金融機関に住宅ローンの申し込みを済ませておくようにしましょう。住宅ローンや売買契約の手続きが終了したら物件の引き渡しが行われます。入居後は不動産登記を済ませます。不動産登記手続きは販売業者のアドバイスがありますからスムーズに終えることができます。

当店でご契約のお客様へのサービスとしてどなたでも利用できる「ただのりエルエース」の貸出を行っています。 若い世代のお客様は特に弊社にご来店ください。ご希望に合わせた物件をご紹介できますよ。 お客様第一をモットーに店舗に様々な趣向を凝らして、ご来店をお待ちしております。 福井の賃貸は年中無休のエルピス